銀行でデンタルローンを利用してすぐに治療を受ける

subpage1

銀行で取り扱うローンの種類は、大別すると目的ローンとフリーローンに分けられます。

デンタルクレジットに関する情報満載です。

目的ローンというのは融資するお金の使途が限定されているローン、そしてフリーローンというのは使い道を問われないで融資が受けられるローンです。銀行で扱う目的ローンのひとつに、デンタルローンがあります。

その名称からもわかるように、歯科医院の治療費に目的を絞ったローンプランです。
歯科医院の治療のうち、審美歯科の治療や矯正、インプラントそして周りの歯と比べて違和感を感じない素材や色調の素材を使った治療などは健康保険が使えない治療です。


よって全額を患者さんが負担する自費治療となり、保険適用の治療に対して一般的にかなり高額化します。

デンタルローンは一括立替払ローンなので、利用すれば治療費を分割払いすることができます。
一括立替払ローンというのは、銀行が歯科医院に治療費の全額を立替払いして患者さんは銀行に対し手数料とともに分割で支払う仕組みのローンです。

ビジネスジャーナルの情報といえばココです。

デンタルローンを利用することで、お金が貯まるまで待たなくても見た目をきれいにする治療をすぐにスタートできます。歯科の自費治療費を分割払いするということであれば、クレジットカードのリボ払いやお金の使途を問われないフリーローンを利用して分割返済するという方法もあります。



しかし、デンタルローンには医療ローンという特質からクレジットカード払いやその他のローンに比べて金利つまり分割払いの手数料が安く優遇されているというメリットがあります。

情報分析

subpage2

銀行ではいろいろなローン商品を取り扱っています。そのひとつに、デンタルローンというプランがあります。...

more

予備知識!

subpage3

歯科医院で治療を受ける際に、健康保険適用か自費かを選択することがあります。歯科医院の治療が健康保険適用の治療と自費治療に分かれているのは、健康保険の歯科治療には健康回復と機能回復という縛りがあるからです。...

more

身に付けたい知識

subpage4

インプラント治療や歯列矯正治療、審美歯科の治療などは自費治療です。また一般歯科で受ける治療も、審美性を追求して周りの歯と比べて違和感のない素材を使うなどの症例では健康保険の適用外で自費扱いとなります。...

more

医療の秘訣

subpage5

歯科医院で治療を受けると、自費扱いになることがあります。自費扱いの治療というのは、健康保険の適用が受けられない治療です。...

more